給料が上がらない理由とは?

働いても働いても給料が上がらない。勤めて何年も経つのにずっと給料が変わらない。など、「給料」に対する不満を持っている人は多いです。

 

では、なぜ「給料が上がらない」のでしょうか。その理由について、考えてみたいと思います。

 

会社の業績が良くない

 

給料を上げたくても上げられない状態です。

 

会社の業績が良くない中で誰か特定の人だけ給料を上げたとしたら、
その分誰かの給料を下げなければ会社がやっていけなくなるのです。

 

自己評価が甘い

 

単刀直入に言うと、「仕事ができる」と自分で勘違いしているのです。
自己評価と会社の評価に違いがある、ということです。

 

自分では頑張っていて会社に貢献している「つもり」でも、
「つもり」ではもちろん給料は上がりません。

 

会社の方針

 

会社の業績も良くなっていて利益も増えているのに、
自分を含めすべての従業員の給料が上がらないとき、
それは「会社の方針」によるものかもしれません。

 

会社の利益が上がっていても、不景気が来たときを恐れて
社員に還元しないと決めているのです。

 

どうでしょうか。給料が上がらない理由はいろいろありますが、
当てはまるものはありましたか?

 

もしどうしても「今の給料・今の会社の方針」が嫌だと感じたら、
「ミーダス」という転職支援サービスを使って転職を検討してみてはいかがでしょうか。

 

ミーダスなら給料、年収が上がる転職が可能です。
自分の努力だけでは給料を上げることはできないかもしれません。

 

そんなときは、ぜひ「ミーダス」を利用してみましょう。

 

次のページでは、ミーダスについて詳しくご紹介します。

 

ミーダスを利用して、お給料が上がらない会社から転職する方法