給料が上がらない会社の見分け方について

給料については、就職の面接のときに説明があったと思います。

 

昇給があるのか、ボーナスがあるのかなど、やはり給料についてはみなさん気になるところですよね。

 

募集要項や面接では昇給もボーナスもあると言われていたのに、実際に入社してみたらほとんど給料が上がらない…ということも、残念ながらあるのが事実です。

 

では、「給料が上がる会社」と「給料が上がらない会社」の見分け方は何かあるのでしょうか。一言で「良い会社」と言っても、何を重視するのかによって「良い」か「悪い」かは変わってきます。

 

東証一部上場だからといって、良い会社とは限らないのです。
まず、給料が上がるかどうかは「会社の業績」が多いに関係しています。

 

業績の悪い会社は、言うまでもなく給料は上がらないでしょう。
そして、ホームページに熱意ややる気が強調されているような会社も要注意です。

 

万人受けするような文句、具体的な仕事内容が書かれていないなどはありませんか?
そして、従業員の平均年齢が若い会社は、言い方を変えれば「長続きしない」ということです。

 

このような会社が必ずしも「給料が上がらない」というわけではありませんが、
比較的昇給が少ない会社が多いように思います。

 

いつまでも新卒の社員と同じ給料では、それは嫌になりますよね。

 

入社する前に給料が上がる会社かどうかを見分けることは、
正直なかなか難しいのではないかなと思います。

 

給料が上がらない会社では、いくら頑張っても給料は上がりません。
そこでおすすめなのは、「ミーダス」という転職支援サービスを利用して転職をすることです。

 

「ミーダス」は自分の市場価値を見出だすことをコンセプトにしていて、
簡単な質問に答えるだけであなたの年収がすぐに表示されます。

 

今の給料よりも給料を上げたいと思うのなら、ミーダスでの転職を検討してみてはいかがでしょうか。

 

次のページでは、ミーダスについて詳しくご紹介します。

 

ミーダスを利用して、お給料が上がらない会社から転職する方法